記事の詳細

本日は、一般質問4日目。

遅くなりましたが、二日目には我が会派の石川忠義議員が登壇し、説得力ある質問を行ってくれました。

質問項目は以下の通りですが、特に深刻化している大人の引きこもりについて取り上げ、長期化している40代以上の引きこもり支援については色々と考えさせられる内容でした。

色々と難しい問題ではありますが、県の具体的支援体制づくりに期待したいと思います。

1.大人の引きこもり対策を進めるべき(知事)
2.県職員に知的障害者の雇用も進めるべき(知事)
3.埼玉県立学校における地産地消を進めるべき(教育長)
4.「教育環境整備基金」について、寄付者の意思が生かされるよう制度改善すべき(教育長)
5.公立中学校への運動部活動指導員の配置支援を積極的にすべき(教育長)
6.アライグマ・ハクビシン対策を進めるべき(農林部長・環境部長)
7.県有施設における危険性のあるブロック塀の安全対策を進めるべき(総務部長・教育長)
8.地元問題について
(1)県道川越栗橋線の上清久・下清久地内の安全対策と渋滞対策を急ぐべき(県土整備部長)
(2)県道行田蓮田線の下栢間交差点から久喜市・鴻巣市境までの未改良区間の整備を早急に進めるべき(県土整備部長)
(3)第三岩槻踏切の遮断機開閉の改良を県要望に加えるべき(企画財政部長)

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る