視察報告

  • 県土都市整備委員会視察3日目

    最終日は、京都市の梅小路公園を視察。 平成24年にはオリックス不動産が、海から離れている京都市で人工海水を利用した日本初の水族館を、平成26年にはJR西日本が、従来あった梅小路蒸気機関車館を拡張・リニューアルし、京都鉄道博物館をそれぞれ整備しました。 今年の冬には…

  • 本日は県土都市整備委員会の視察二日目

    午前中は、大阪市の放出(はなでん)下水処理場を視察。 下水処理の過程で発生する消化ガスを有効利用している事に加え、発電施設上部を利用し、緑豊かな市民農園や広場を整備しておりました。 事業スキームとしては、民間事業者が発電施設を整備し、FIT制度による電力売買収入を得て…

  • 県土都市整備委員会の県外視察

    本日より県土都市整備委員会の県外視察です。 初日は、大阪湾岸道路西伸部予定地を視察。 大阪湾岸道路の一部を構成する道路で、神戸市東灘区から長田区に至る14.5キロメートルのバイパス事業の説明と現場を視察させていただきました。 このバイパスが完成すれば、阪神臨海地…

  • 八ッ場ダムを視察

    八ッ場ダム建設事業の推進を求める埼玉県議会議員連盟の超党派の皆さんと共に、本体工事が完成間近となった現地を視察させていたきました。 10年前には、時の政権によって八ッ場ダム事業は中止との苦境に立たされましたが、上田清司埼玉県知事も古巣であった民主党政権に対して治水・利水の面…

  • 会派の北海道視察最終日

    本日は会派の北海道視察最終日。 札幌市役所にてメガソーラー設置への取り組みについて視察。 昨今、山林の傾斜地に対するメガソーラー設置には反対運動も起りつつありますが、平地の設置である札幌では特段問題無く冬場を除けば晴天率も高い事から、予想以上の電力を発電する事に成功し…

  • 北海道の清水町を視察

    本日は北海道の清水町を視察。 清水町は1898年に設立された『十勝開墾合資会社』を中心に民間によって開拓された地域です。 十勝開墾合資会社は、渋沢栄一を含む財界人が出資した農場会社であって、渋沢栄一生誕の埼玉県から県議会議員が来るという事で大歓迎を受け、清水町と埼玉県…

  • 北海道の帯広市にて会派視察

    北海道の帯広市にて会派視察。 空港から「ばんえい競馬場」のある馬の資料館に行き、十勝馬と開拓の歴史を勉強。 あの硫黄島で玉砕されたオリンピック金メダリスト、「バロン西」大佐も十勝の陸軍軍馬補充部十勝支部で1年間軍馬を育てていたそうです。 その後は、帯広市役所…

  • 「白岡市地域包括支援センターウエルシアハウス」を視察

    昨晩は、議会終了後に会派のメンバーと白岡市から地域包括支援センターの運営を委託されている、「白岡市地域包括支援センターウエルシアハウス」を視察。 ほとんどの地域包括支援センターの運営は社会福祉法人や医療法人が主体で、民間が運営しているケースは全体の1%ほどしかありません。 …

  • 会派の皆さんと県内視察

    本日は議案調査も絡めて、会派の皆さんと県内視察。 議案が可決されれば、特別支援学校が敷地内に開校される「戸田翔陽高校」と、同じく戸田市内にある県の下水道処理施設である「荒川水循環センター」を視察させていただきました。 令和3年4月に、県南部地域特別支援学校(仮称)が敷…

  • 遺跡の発掘調査工事

    現在の国道254号和光富士見バイパスの地上工事(志木高校の野球グラウンドの東側・佃堤の南側から袋橋通り)の状況。 遺跡が出てしまったので、遺跡の発掘調査工事が9月30日までとの事。 出ばなをくじかれた感は多少ありますが、その先の袋橋通りから保谷志木線までの発注も済んで…

ページ上部へ戻る