記事の詳細

皆様方におかれましては、日頃より鈴木正人へのご支援ご指導賜りまして厚く御礼申し上げます。

さて、私こと埼玉県議会議員 鈴木正人は、この度一身上の都合により

「次期県議会議員選挙には出馬しない」事を決断いたしました。

二十七歳より市議会・県議会の議席をお預かりしてから、皆様から頂いた熱い想いを市政・県政に届け、あるべき民主主義を実現すべく奔走してまいりました。

そうした中で遅々として進まぬ議会改革を目の当たりにしたときに、自らの力及ばぬ点を猛省する一方で、他方面からのアプローチの必要性を感じるに至りました。

また、かねてから病を患っていた義父母の容態も重篤化し、一家の長として今まで以上に家族と向き合わなければならない状況となりました。

これまでのように全身全霊を込めて県政に全力を注ぐことに懸念があるなかで、地元志木市をはじめ埼玉県民の代表として県政壇上に立つことが正しいことなのか、との自問の末にこの度の決断に至りました。

 

一度政治の世界から離れますが、目の前に与えられた責任を果たしてゆきながら、いつの日かまた、別の形で故郷に恩返しできるよう、前向きに生きていこうと考えております。

皆様方や上田きよし現・埼玉県知事のご支援及びアドバイスによって、平成八年四月に二十七歳で市議会に初当選させて頂いて以来、市議会三期、県議会四期、約二十二年間に渡りお育ていただいた事に対し、心より心より感謝申し上げますと共に、政治家としてさらなる飛躍を期待されていた方に対しては、深くお詫び申し上げます。

 

今後は、平成三十一年四月までの残りの任期をしっかり全うし、その後は民間人として、家族と向き合いながら、一人の人間として新たな道で成長出来るよう頑張って行きたいと思っております。

常日頃から、皆様方の温かいご支援や深いご厚情をいただいておりましたので、苦渋の決断でありましたが、地元の皆様への御恩は一生忘れません。

突然の報告に驚かれた方もいらっしゃるかと思いますが、考え抜いた上での決断ということでご理解いただければと存じます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る