記事の詳細

わたくし鈴木正人は、この度の県議会議員選挙には出馬しない意向を昨年末に表明いたしました。

義父母の闘病・介護のこともあり福祉分野での再出発を考えておりましたが、多くの皆様から「何故辞めるのか、政界を引退する必要は無い」という続投の要請もいただきました。

 

 そうした中、お陰様で義父母の容態も小康を得、家庭の理解と応援もあり、故郷志木市のさらなる賑わいづくりの貢献と、開かれたあるべき理想の県議会をつくるという信念に基づき、大変苦しみ悩み抜いた結果「再び県政に挑戦」することが私の本懐であるとあらためて確信いたしました。

 

この度の私の一連の言動により関係各所の皆様や、多くの仲間達、なにより私の活動に日頃からご理解・ご支援ををくださった支援者の皆様に対し大変なご迷惑と混乱をおかけしたことについて、心よりお詫びを申し上げるとともに、今一度鈴木正人にお力を貸していただきますよう伏してお願い申し上げます。

 

地元志木市をはじめ埼玉県の発展のため、なお一層身を粉にして働く決意です。

皆様からの叱咤激励を糧に全力を尽くしたいと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る