記事の詳細

先週は共に母校でもある県立志木高校、宗岡中学校(1年間)の卒業式に出席。

高校になると、多少受け狙いのお行儀の悪い子がいますが、昔の悪ガキに比べればかわいいものでした。

ただ、他の県立高校の式典に行っても感じるのですが、国家斉唱の声がホント小さいのが残念。

思春期まっただ中で歌を歌うのが恥ずかしいのかも知れませんが、厳粛な式典とはいえ、最後の校歌も含め元気に歌ってくれたらなぁと感じました。

中学校はさすが、国歌も校歌も答辞の合唱も見事大きな声で卒業生達は歌っておりました。

その、素直な気持ちを忘れずに今後の高校生活も頑張っていただければと思います。

また、最近はPTA会長さん、後援会長さんのご挨拶が心に響くものが多くなり、その他の来賓挨拶より素晴らしいと思う事か多くなっております。
保護者の皆様も本当にお疲れ様でした。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る