記事の詳細

東京高裁で逆転勝訴しました!

市民オンブズマンから政務活動費について、旧刷新の会時代に違法な支出をしたと訴えられておりました。

1審では、判決直前に埼玉県議が別件で領収書偽造によって議員辞職という事も影響してか、案分率5割を超えるものは一部違法であるとされました。

しかし、高裁ではしっかりと資料を揃え、案分率は会派や各支部の様々な使用実態に応じてつくったもので、それに基づいて政務活動費を使わせていただいた事を訴えたところ、全面的に認められ逆転勝訴となりました。

私たちの主張が認められ、東京高裁の判決にはほっといたしましたが、一方で政務活動費に対する厳しい目があるのも事実ですので、今後も仲間の議員と共に政務活動費の領収書や帳簿のホームページ公開を県議会として行っていくよう、議会の中で訴え続けていきたいと思います。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る