記事の詳細

本日は一般質問4日目。
アジア調査機構代表の加藤健さんから、「朝鮮総連に破産申し立てを!」~血税1兆円以上が奪われた~という最新の著書を資料として送っていただきました。

丁寧に付箋を貼ってくださって、当時の民主党・上田清司代議士(現・埼玉県知事)や河村たかし代議士(現・名古屋市長)、さらには、自由党の小池百合子代議士(現・東京都知事)が朝鮮銀行の不良債権処理に流れた日本の血税について、政府を追及している部分を紹介してくれました。

これぞ、野党の姿だったはず。

いつの間にか、モリカケだのお友達がどうのこうのと揚げ足取りとばかり言う今の国会における野党は、是非こういう大事な所で政府を追及していただきたい。

そして破産申し立て圧力によって、拉致問題が進展するようにすべきであると考えます。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る