記事の詳細

昨日は、志木市こども会育成連絡協議会の総会や都内に出て沖縄県祖国復帰47周年記念「青年弁論大会」の審査委員長として出席。

子ども会は、人数集めに苦労しながらも、郷土の歴史、伝統、文化を大切にして和の心を地域の子供達に伝える貴重な活動をされており、これからの時代でも大切な存在である事をあらためて実感いたしました。

青年弁論大会は、伝えよう祖国復帰の真実「日本民族にとっての沖縄」という事で8名の20代から30代の沖縄も日本も愛する若者に熱弁をふるっていただき、政治家よりも上手の位で審査も甲乙つけがたい程皆さん素晴らしい内容でした。

最後に、靖国神社から出発した昭和47年5月15日に沖縄が祖国復帰した事をお祝いするパレードにも参加。

真の主権回復記念日とも言われている、5月15日を知らない人も多い中ではありましたが、沿道の一般の皆さんからも、お手を振ってのお祝いをいただいたところであります。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る