記事の詳細

巨人優勝の次の朝、若い頃を思い出して超バットを短く持つ大道打法(元巨人)で挑みましたが、残念ながら2打数ノーヒット1四球1打点と、まぁ足を引っ張らない程度には出来たかな程度の結果でした。

試合は、いつも10点差以上差をつけられて負ける関東大会出場チームを相手に、何と5対5の引き分け。

一緒に写っている遠藤君が、最終回に「ホームランか三振で良いから思いっきり振ってこい」と言ったら同点ホームランをかましてくれました。

野球は弱いチームでも、引き分けたり勝つことの出来る面白いスポーツだとあらためて実感いたしました。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る