記事の詳細

RUN伴とは、認知症の人の家族、支援者、地域の人が少しづつリレーをしながら交流し、タスキを繋いでゴールを目指す事で誰にでも暮らしやすい地域を創るイベントです。

志木市役所からスタートする1区から走り、宗岡のヤオコーからスタートする2区ではタスキを繋ぐ係りとして重要な役割を任されました。

3区のマミーマートまで無事完走してタスキを繋ぐ事が出来、ほっとしております。

久しぶり(何年かぶり)に約4キロを走り、最後はおっさんの意地で、大学生などの若者チームに何とかついて行くことが出来たのですが、さあこの後の筋肉痛がとっても心配です。

うちも他人事ではなくなりましたが、認知症と共にある人と誰にでも暮らしやすい地域を創るためのマラソン企画。

最後は朝霞の森で、市民交流の協賛ブース、出店などもあるそうです。

このような、私の運動不足にも役立ちながら地域福祉の向上につながる素晴らしい企画を実行された、福祉関連のお仕事についている皆さんに心より感謝申し上げます。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る