記事の詳細

県と志木市が共催した、防犯の街づくりキャンペーンに参加。

各町内会による、多くの自主防犯パトロール隊の皆さんが集まり、防犯グッズを駅前の市民の皆さんに配布してくださいました。

県の担当者によると、志木市ほど多くのパトロール隊の皆さんが集まる事はなかなか無いそうです。

お陰さまで、埼玉県は6000件を越える全国一位の防犯組織が結成され、県全体の犯罪認知件数は平成16年度の18万件から三分の一の6万件にまで減りました。

本日も、防犯パトロール隊の皆さんのお陰であっという間に防犯グッズを配布する事が出来ました。

日頃からのご活躍に心より感謝申し上げます。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る