記事の詳細

Taiwan is not Chinese Taipei! 2020東京五輪「台湾」正名集会
~「チャイニーズタイペイ」ではなく
「台湾」の名で台湾選手団を迎えたい!~
に出席し、登壇もさせていただきました。

2020年の東京オリンピックでは、「チャイニーズタイペイ」でなく「台湾」で堂々と台湾選手団を迎え入れましょう!

金メダルを取っても、入場行進でも国旗も掲げられず、オリンピック旗を掲げる事しか出来ない台湾。

現在IOCにおいて不当な差別を受け、国として認めれないという理由でオリンピックなどでは「チャイニーズタイペイ」とされております。

前回1964年の東京オリンピックの時には「台湾」として選手は入場しておりました。

「中華台北」などという国は存在せず、我が国の一般の人達も「台湾」に旅行に行くという言い方をしてますし、実際は中華人民共和国の一部でなく独立した事実上の国家である事は明らかです。

こうした不当で差別的な扱いをしないよう、2020年の東京オリンピックでは堂々と「台湾」選手団として入場できるよう、国家として認められるよう支援していきたいと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る