記事の詳細

今定例会で我が会派が提出していた、「核シェルターの早期整備普及を求める」意見書案は、自民党県議団の反対によって却下されました。

理由は「国民保護法制の中に核シェルターが必要だと位置づけられていないから」だそうです。あれっ選挙公約に入っていなかった?

北朝鮮危機に対応するため総選挙になったはずなのに、有事の時に国民の避難する場が無いとの声に対して、シェルター整備は必要だと思わないそうです。

地方組織がこれで国民の生命財産を守れるのかな。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る