記事の詳細

本日は埼玉県議会の常任委員会。

所属する県土都市整備委員会のメンバーとして、議論に参加させていただきました。

一般会計補正予算では、国からの社会資本整備総合交付金の内定による増額補正が行われ、身近な所では街路整備で志木市の「中央通停車場線3工区」、河川整備では富士見になりますが、志木と大いに関係する「柳瀬川の水谷調節池」の予算が大幅に増額されました。

中央通停車場線では、当初予算に用意されていた1億円強程度であった志木市分の予算が、今後の物件調査と用地買収の契約次第になりますが、倍以上の2億円台中盤から3億円用意出来るとの事。

柳瀬川の氾濫防止のための水谷調節地に至っては、現在設計中でありますが、当初予算の2,100万円から、用地取得費6億円に増額され、来年度までには用地買収100%を目指すそうであります。

いずれも、早期完成に向けて、予算増額だけで満足する事なく用地買収のをしっかりやってもらいたい事から、用地買収の迅速化に向けて質問をさせていただいたところであります。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る