記事の詳細

本日も志木市役所へ行き、志木市健康長寿応援課より志木市の地域包括ケアシステムの現状と課題、埼玉県に対する要望について伺ってまいりました。

志木市は面積が小さい事もあり、医療資源が少なく「認知症サポート医」が一人しかおらず、また24時間在宅支援病院もやっと一か所出来たばかりで、訪問診療体制も御苦労されているとの事。

家族やかかりつけ医などにも支援していただける、「認知症サポート医」の育成にしても、普段忙しい医師の皆さんが新たな研修を受けなければならないので、郡市医師会単位で目標値を掲げ、もっと特典を持たせるだとか、研修費用に対する助成等財政支援の必要性を感じました。

また、定期巡回・随時対応型訪問介護看護へ事業者が参入しやすくなるような補助対象経費の拡大や、在宅支援病院の設置に向けて、県医師会との協議とこちらも財政支援の必要性を強く感じたところであります。

また、介護が必要になってからのお世話方サービスからあくまでも自立に向けた取り組みを支援する自立支援へと理解を促すために、県レベルでの介護事業者の意識改革のための研修会やセミナー開催の必要性も十分認識させていただきました。

その他にも、様々な課題や要望を聞く事が出来大変勉強になったと共にしっかりと、課題解決に向けて県へ要望していきたいと思います。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る