記事の詳細

志木市役所の市長室を訪問させていただき、香川市長より埼玉県への予算要望書をお預かりしました。

私も全く気付かなかったのですが、保険者努力制度(県分)の交付額の算定については、健康長寿プロジェクトのモデルとして先進的かつ独自の取り組みを先行して行った志木市が、後から県のコバトンマイレージを実施している市町村と比較して、全く加点されていないなどの不公平な制度になっており、公平な評価となるよう算定項目の見直しを求めるなど、大きく4点について地元要望書をいただきました。

担当課にも直接伝え改善を求めると共に、議会最終日には会派で予算要望書としてまとめ、直接大野知事へ手渡す予定です。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る