記事の詳細

埼玉県議会 警察危機管理防災委員会 の視察で長崎へ。

1日目の本日は、長崎原爆資料館並びに国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館を視察。

あらためて、戦時国際法違反の非人道兵器「原爆」の威力と悲惨さを痛感いたしました。

もう、戦争の勝敗は決していたにもかかわらず、わざわざ人体実験のように原爆が民間人相手に使用された事は酷過ぎるの一言です。

依然として我が国の周辺から核の脅しが続いておりますが、二度と我が国ならびに世界中で使用されないよう、万全の体制を構築すべきだと思いました。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る