記事の詳細

警察危機管理防災委員会にて、海上自衛隊佐世保地方総監部並びに護衛艦きりさめを視察。

熊本地震などの災害派遣では、護衛艦やヘリなどを運用し、自治体、警察、消防などと連携しながら救出、救助等の対応を行い活躍。

埼玉県のような内陸地帯でも、東京湾などギリギリまで救援物資をつんで、ヘリ空母型護衛艦と共にヘリコプターを活用してインフラが寸断され孤立した地域にも救援物資を送るなどの救援活動が可能との事。

我が国の海の護りだけでなく、災害支援などでも大変頼もしい存在である海上自衛隊の皆さん。

海上自衛官の募集も苦労されているようなので、是非多くの皆さんにご協力をお願いしたいと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る