記事の詳細

超党派の「埼玉県議会英霊にこたえる議員連盟」で鹿児島を訪れ、本日は「万世特攻平和祈念館」に行き、散華された英霊に感謝の誠を捧げてまいりました。

鹿児島県の南さつま市にある、陸軍最後の特攻基地「万世飛行場」跡地に、パイロットが生まれて初めて飛んだ憧れの練習機「赤とんぼ」の複葉型を模した外観の平和祈念館です。

館内には吹上浜沖から引き揚げられた、日本にただ一機の「零式水上偵察機」や、死を間近に控えた隊員たちが肉親・愛する人達へ宛てた最期のメッセージ、“至純の心”を綴った「血書」、遺品、遺影などを多数展示されており、今回も目頭が熱くなりました。

「靖国で会おう」と若くしてお国の為に亡くなられた英霊の方々は、今の祖国日本をどのように見ているのでしょうか。

達筆で書かれた国と家族を想う遺書を見ながら、あらためて考えさせられるものがありました。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る