記事の詳細

本日より県土都市整備委員会の県外視察です。
初日は、大阪湾岸道路西伸部予定地を視察。

大阪湾岸道路の一部を構成する道路で、神戸市東灘区から長田区に至る14.5キロメートルのバイパス事業の説明と現場を視察させていただきました。

このバイパスが完成すれば、阪神臨海地域の交通負荷の軽減、災害や事故などの緊急時の代替路の確保、道路渋滞の緩和やポートアイランドへのアクセスが向上し、地域経済の活性化が期待されております。

湾岸地域でありますので、用地買収ではそれ程の苦労はないようでしたが、漁業権や道路のほとんどが橋梁形式を取りますので海への土台の整備などで、昨年12月から工事はスタートしたものの、完成まではやはり10年以上の期間はかかりそうだとの事でした。

埼玉県でも産業支援や地域振興、災害時の代替ルート確保のため、幹線道路ネットワークの充実が求められております。

幹線道路ネットワーク整備などの施策推進の参考とさせていただきました。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る