記事の詳細

本日より、二泊三日で「人材育成・文化・スポーツ振興特別委員会」の視察。

最初に訪れたのは、佐賀県吉野ヶ里町にある「吉野ヶ里歴史公園」を視察。

埼玉県にも古墳などを有する遺跡公園がある中、施設整備や運営方法などが課題となっております。

「吉野ヶ里歴史公園」は国の特別史跡に指定されている日本最大の遺跡で、日本古代の歴史を解き明かす上で極めて重要な資料や情報が集まっている所です。

有柄銅剣やガラス製管玉などの出土品国の重要文化財に指定されるなど、高い学術的価値を有しております。

来園者は、平成元年の来援当初をピークに減少しておりましたが、運営の見直しを行い、昨年は過去最高の77万人を記録しました。

現在でも発掘や公園の拡張工事やレストランのリニューアルなどが続いており、常に飽きさせないよう進化している吉野ヶ里遺跡のある公園のため、来園者が右肩上がりで増えているのだと思います。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る