記事の詳細

本日は、警察危機管理防災委員会の委員会視察。

午前中は川島町にある埼玉県中央防災基地を視察。
災害に備えた食料や生活必需品などの物資の備蓄、災害時には県内全域の中核基地として、また熊本地震などでは救援物資の供給などの役割を果たしております。

午後は、何かと講習などで個人的にもご縁のある警察運転免許センターへ。

その中でも近年急激に進む高齢化に対して70歳以上を対象とした、座学や運転指導による高齢者講習、75歳以上の方を対象とした、イラストなどを用いて記憶力や判断力を調べる認知機能検査の受講者等が急激に増え、こうした講習の予約電話が混雑し、繋がりにくいなどの課題も生じております。

そこで、電話も6台から体制から10台、そして14台と増やして、予約を受け付け体制を強化し、対応しておりますが、それでも現場のコールセンターを見学すると電話は引っ切り無しの状態でした。

いずれにしても、高齢者の事故は年々増えております。

高齢者講習、認知機能検査の大切さをあらためて実感いたしました。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る