記事の詳細

フジテレビより荒川河川敷の不法占有について取材申し入れがあり、3月に簡易代執行で釣り台19基 小屋3軒 不法耕作地1箇所が撤去されたはずの荒川右岸(志木側)に担当ディレクターの方と現地を確認調査しに行きました。

しかし第二パークゴルフ場脇にある小屋は依然として残っており、釣りの道具を保管、休憩所として不法占有したまま堂々と使われている始末。

堂々と小屋を使用し、釣りをしている方に「この建物は誰が作ったのですか?不法占有では?」と尋ねたところ、「みんなのもので誰のか知らない」「不法占有なのかどうかも知らない」「こんなの取材してないで広島でも行ってこい」と相変わらずのおとぼけと開き直りで、全く悪びれる様子もありませんでした。

畑に関しては一部残存があったものの、耕作地として使用されていた場所については侵入出来なくなり、以前のような形での確認は出来ませんでした。

10月に放送予定のようですが、担当ディレクターの方も不法占有者達の開き直りに呆れており、今後も追いかけていきたいとの事。

まだ残っている小屋の撤去に向けて荒川上流河川事務所にも連絡し、ディレクターの方にも協力して不法占有が許されない状態にしていきたいと思います。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る