記事の詳細

北九州市にあるカーロボAI連携大学院に行き、自動車・ロボットの高度化・知能化という全く異なる領域で特異な分野が結集して、あらたな教育体系を構築した大学院のAI研究について視察させていただきました。

同大学院は、九州工業大学、九州市立大学、早稲田大学の大学院が連携して出来たもので、高度専門人材を育成しておりおります。

本日は、家庭用ロボットや自動車の自動運転を拝見させていただきました。

正直まだ学生さんなので、学生の大会では優秀な成績を収めているものの、家庭用ロボットや自動車の自動運転化そのものは、まだまだ完全実用化に向け課題はあるという印象を受けました。

ただ、ここで学んだ皆さんは実用化に向けて企業でも第一線で研究される方です。

立ちあっていた企業の人達も、非常に大学院生の今後の活躍に期待をしておりました。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る