記事の詳細

埼玉県立の「所沢航空発祥記念館」を久しぶりに訪問しました。

かつて零戦が展示されていたエリアに、陸軍の隼戦闘機のひとつ前の主力戦闘機である「九七式戦闘機」のレプリカが展示されておりました。

テレビドラマ用に使ったレプリカとはいえ、実物大の為に迫力満点。

また、陸軍航空隊のコスプレコーナーも設営され、外国人も含め人気のコーナーとなっており、私も気分は加藤建夫隊長となって記念撮影をさせていただきました。

零戦が展示されなくなってから少し寂しくなっておりましたが、「中島飛行機の傑作戦闘機たち」のコーナーで少し活気を取り戻しておりました。

やはり、記念館は企画力と実践力さらには広報力次第だと痛感いたしました。

 

13962622_1080335085379241_3110694536160287952_n

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る