記事の詳細

八ッ場ダム建設事業の推進を求める埼玉県議会議員連盟の超党派の皆さんと共に、本体工事が完成間近となった現地を視察させていたきました。

10年前には、時の政権によって八ッ場ダム事業は中止との苦境に立たされましたが、上田清司埼玉県知事も古巣であった民主党政権に対して治水・利水の面から絶対に必要な事業であると当時の前原大臣と闘い、2年間の検証・凍結の結果、再び工事は再開され、いよいよ本年末には水を完全にせき止め湖が誕生いたします。

コンクリートから人へという当時の流行り文句の結果、皮肉な事に二年間凍結された分だけ工事費用は増大し、ようやく令和の時代に入って完成が近づいてきたという事です。

今では、新しく出来る湖の活用やすでに日本一高いバンジージャンプ場として、変化激しい八ッ場ダム周辺を逆手に取って地域活性化に生かしております。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る