記事の詳細

昨日は議案調査日のため、条例改正によって就労定着支援を行う施設として位置づけられる「埼玉県総合リハビリテーションセンター」(上尾市)と、近隣にある県立武道館を会派で視察をさせていただきました。

「埼玉県総合リハビリテーションセンター」では、リハビリ後就労可能な比較的若い世代の方が入院されており、すでに就労支援のためのリハビリも行われております。

就労率も約80%とリハビリによって職場復帰を果たしている方が多くいるので、今回の条例改正で就労に伴う環境変化により生じた生活面・就業面の課題について、障害者との対面支援や事業所・家族との連絡調整等の支援を一定の期間(最大3年間)にわたりサービスが行われるようになります。

県立武道館は、東京の武道館には及ばないものの、主道場、第一、第二道場、弓道場、相撲場などの施設の充実度や大きさは、さすがの圧巻ものでした。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る