記事の詳細

最終日は、京都市の梅小路公園を視察。

平成24年にはオリックス不動産が、海から離れている京都市で人工海水を利用した日本初の水族館を、平成26年にはJR西日本が、従来あった梅小路蒸気機関車館を拡張・リニューアルし、京都鉄道博物館をそれぞれ整備しました。

今年の冬には、民間の提案により何と公園内にアイススケート場まで整備しオープンする予定。

土地の提供はあるものの、特に持ち出しは無し。カフェやレストランなども含め売り上げの10%が京都市に入るなど、民間事業者と連携して、都市公園の魅力向上を図っており、駅まで出来たので入場者数も物凄く増えております。

都市公園に民間活力を活用すれば、様々なアイディアが出てきて売り上げを伸ばし、行政がお金をかけず、都市公園が活性化出来る事を勉強させていただきました。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る